切手を売るときに抑えておくべきポイント1!

切手を売る際にまず確認したいのが、手元にある物がどういったタイプが先に自分で調べておく事です。いわゆるプレミアがつくものと、特に付加価値がつかない一般的な物があります。前者は市場に出回る数が少なく期間限定で発行された品という事もあり、マニアの間では高額で取引されているのです。後者の方は文字通り普通の切手と変わらず実用品であり、専門店に持ち込んでも普通の値段にしかなりません。カタログなどを参照してレア度と価値をまず自力でチェックです。

切手を売るときに抑えておくべきポイント2!

切手は綺麗で保存状態の良い物が重宝されており、売却する際もそのコンディションが重視されます。全く同じレア度の切手でも、保存状態が悪いとそれだけで価値が大幅に下がります。バラバラになった物とシート状態でも価値が雲泥の差、当然未使用のシートの方が高値です。そのため、自宅の倉庫などから未使用品が発見された時は、兎に角保存状態に気を配り、傷や汚れを気をつけてください。当然無暗に切り離したり、折り曲げるのは厳禁です。

切手を売るときに抑えておくべきポイント3!

切手は特殊な商品であり、いわゆる普通のリサイクルショップでは正しい鑑定が行われない物です。買取自体がNGになる事もあり、高値で不要なプレミア切手を売却したい方はその筋の専門店に行きましょう。特に高値買取りを実施している切手専門店がお勧めです。その道に精通したプロの鑑定家が働いているため、古びた物や素人目には価値が分からない物も確かな目で鑑定し、良い値段をつけてくれます。専門店の方が多少コンディションが悪い物でも買取してくれるので有利です。