自動車のお悩み<下取りと買取りの違いについて>

買い取りと下取りの違いっていったい何?
車には買い取りと下取りがありますが、何が異なるのでしょう。買取りは、乗用車を売って、それを現金に変え、そのお金で新しい車を買上ることです。車買い取りの優位点は、たくさんの会社に鑑定をお願できるので、高額売却できる可能性が高いところです。ウィークポイントは、相場変動が激しいので、価額が安定しないところです。中古車相場はオークション会場や地方の開きで大きく変わってくるからです。

 

下取りは、愛車を売った同様の店で次の車の購入資金にあてるというやり方です。簡単にいえば、乗っていた車を引き取ってもらうやり方です。

 

下取りと買い取りのメリットとデメリットとは?

下取りの利点は、同じお店で取引するので手間がかからないところです。デメリットは、実際の下取り価格がわかりにくく、買い取りに比べて、査定額が低くなりやすいところです。下取りのベースとなる価格表を元に審査するのですが、価格表は業者間のオークション相場に必ずしも共通していません。

 

合わせて、外注部品についても、下取りのときは、期待できません。買取も下取りも良いところと悪いところがありますが、まずは、自分の車の査定金額のマーケットプライスを知見してから、下取り取引きに臨むのが合理的です。

 

自動車のお悩み何でも解決局